【Googleアナリティクス】新規アカウント作成と設定方法

目次

Googleアナリティクスの新規アカウント作成方法

Googleアナリティクスの新規アカウントは、Googleアカウントを持っている人なら、誰でも作成できます。まだGoogleアカウントを持っていない場合には、まずはそちらから取得しなければいけません。

Googleアカウントを取得したら、いよいよGoogleアナリティクスのアカウントを作成しましょう。Googleアカウントと同じユーザーIDでもOKですし、別のIDを設定しても問題ありません。

アカウント新規作成では、Googleアナリティクスのホームページへアクセスして、無料利用できるアカウントの新規作成を行います。最初にアカウント名を決めますが、社名にしておくのがおすすめです。

アカウントを設定したら、次にプロパティを設定します。ここでは、分析したいWebサイトの名前や言語、通貨などの設定を決めていきます。詳細オプションも最初に設定することができ、ここで分析したいWebサイトのURLを始め、Googleアナリティクス4だけのプロパティにするのか、それともユニバーサルアナリティクスのプロパティも作成するのかを選択します。

Googleアナリティクス4では、アカウントとプロパティという概念のみで構成されています。しかし、ユニバーサルアナリティクスでは、プロパティの下にビューという概念があり、こちらも初期設定をしなければいけません。

ビューの設定では、サイトのURLを始め、目標設定を行うことができます。ユーザーがどんな行動をすればコンバージョンと見なすのかに合わせて、到達ページ数や滞在時間、イベント数などの目標を決めていきます。ビューを設定すると、設定内容に合わせてデータの計測が始まります。過去にさかのぼっての計測や分析はできません。そのため、ビューは最初にコピーしておき、異なる目標を設定する際には、新たにコピーしたものに対して設定の変更を行うのが得策です。

トラッキングコード設定方法

Googleアナリティクスのアカウントを新規作成したら、サイトからデータを取得するためのトラッキングコードを設定します。これは、Googleアナリティクスが提供するコードをWebサイトへ埋め込むという作業を行いますが、設定方法は難しくありません。

Googleアナリティクスの設定画面からプロパティ設定メニューを選びます。その中のデータストリームメニューの中に、ウェブサイトを選択できる画面があります。そこに、トラッキングコードがあります。これをコピーして、WebサイトのHTMLを開き、ヘッダー部分にペーストすればOKです。

このコードは、ヘッダー部分なら基本的にはどの部分に挿入しても、問題はありません。しかし、できるだけ前の方に挿入することを、Googleアナリティクスは勧めています。

設定が反映されているか確認する

トラッキングコードを挿入したら、きちんと設定が反映されているかを確認しましょう。これは、Googleアナリティクスのリアルタイムメニューから確認ができます。

リアルタイムメニューを開くと、概要という項目があります。この中に、最初に設定したWebサイトの一覧が表示されます。その中から、トラッキングコードを挿入したばかりのサイトを選択して概要を見ると、数値が表示されています。この数値が1以上なら、正常に設定が反映されているということなので安心です。

ユーザーレポートの見方

Googleアナリティクスで計測したデータは数値として分析され、ユーザーレポートで集計することができます。ユーザーレポートではさまざまなデータの集計結果を表示できますが、そこから把握できるデータ内容は、主にユーザーの年齢や性別、どんな端末からアクセスしたのかという特徴に加えて、ユーザーがWebサイトを訪問したセッション数やページビュー数などの情報です。つまり、このユーザーレポートを見れば、より具体的に、どんなユーザーがWebサイトを訪問しているのかが分かります。

ユーザーレポートにまだ慣れていない人は、ユーザーサマリーを使って、訪問状況を確認するところから始めるのがおすすめです。Webサイト全体の訪問状況を把握できます。ここで注意したい点は、1人のユーザーが複数回訪問してくれた場合でも、Googleアナリティクスではユーザー数は1人としてカウントされるということです。例えば、同じユーザーが朝昼晩と1日に3回Webサイトを訪問してくれた場合、ユーザー数は1ですが、セッション数は朝昼晩の3回なので3となります。

まとめ

Googleアナリティクスは、Googleから無料で提供されているデータ分析ツールです。利用する際には、Googleアナリティクスのアカウントに加えて、Googleのアカウントも持っている必要があるため、まずはGoogleアカウントから取得してください。新規アカウント設定をすると、必要な設定もすべて最初に行うことができ、データの計測をすぐに始められます。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる