【Googleアナリティクス】仮想ページビューについて

目次

仮想ページビューってなに?

仮想ページビューとは、実際には存在していないページを、あたかも存在しているかのように、仮想URLを作ることを指します。それをGoogleアナリティクスに読み込ませることによって、通常であれば解析してくれないページやアクションのデータを取って、より正確で詳細な分析をすることができます。

どういった時に使うのか

仮想ページビューとは具体的にどんなものか、分かりづらいので、事例をチェックした方が理解しやすいでしょう。

最も利用頻度が高いのは、サイト内にPDFファイルページがある場合です。つまり、そのURLを入力もしくはクリックすると、PDFファイルとして画面に表示されるものです。PDFファイルについては、通常のページと形式が異なるため、Googleアナリティクスではクロールしません。PDFファイルのURLでは、トラッキングコードを読み込まない設定となっているからです。当然、サマリーを見てもページビューなどのデータは出てこないわけです。

しかし、PDFページは統計などの重要な情報を載せていることが多いので、どのくらいのアクセスがあるかは気になるところです。そこで、仮想ページビューを設定することで、PDFファイルのページがあたかも普通のページのように認識され、様々なデータ解析ができるようにします。

他に、同じページ内で表示や機能の切り替えがなされるケースでも使われます。たとえば、検索機能が入っているとか、メールを送信しようとするとメールフォームに切り替わるというページが存在するケースです。こうしたケースでは、ユーザーがアクションを起こしているのにも関わらず、同じページの中にとどまっているために、アクションやページ移動などのデータとなって出てきません。そこで、仮想ページビューの機能を使って、機能の切り替えやフォームの表示といったものを、別ページへのアクセスと認識させることができます。どれだけのユーザーがアクションを取ったかを明確に把握できるようになるわけです。

こうした利用シーンについては、似た機能でイベントトラッキングというものがあります。やはり、同じページ内でもユーザーがアクションを取った時に、別個のカウントをしてくれるというものです。しかし、イベントトラッキングではクリックなどのアクションをカウントするだけで、ページの解析まではしてくれません。そのため、仮想ページビューで一つの別個のページを作り上げることで、より詳細なデータを取れるわけです。

設定可能かを確認する方法

仮想ページビューは簡単に設定できますが、利用にあたっては条件があります。それは、URLの中に専用のコードを追加できるかということです。基本的には、あるページの中にURLを記載して、そこをクリックして対象ページに行くという流れであれば、そのURLの中にタグを埋め込めますので利用可能です。しかし、リンクさせるためのURLを貼り付けられない状態では、設定することはできません。

また、仮想ページビューでは、外部サイトへのリンクについても、自分のサイト内におけるアクションとしてカウントできるようにもなっています。しかし、外部サイトへのリンクの場合は、何らかの事情で仮想ページビューが適用されないケースもあります。これは事前にチェックするのが難しいので、実際に設定をしてみて、それが結果に反映されているかどうかを確かめるしかありません。

確認方法としては、リアルタイム機能でチェックします。リアルタイムの「概要」を選ぶと、サマリーが表示されますので、その画面の中の「上位のアクティブページ」を見ます。そして、別のブラウザを使って、仮想ページビューにしたページを開きます。うまく設定されていると、リアルタイムサマリーの中に、設定したページが表示されるはずです。

設定の仕方

仮想ページビューの設定は、該当するページのリンクについて、URLの中にコードを書き加えるだけです。使用しているアナリティクスのトラッキングコードによって、埋め込むコードが違いますので、それだけ注意すればすぐに設定できます。

URLの中にコード埋め込みができれば、後は自動的にページの認識がなされ、アクセス解析がスタートします。埋め込みコードについては、使用しているアナリティクスのバージョンに合わせて、公開されているものをコピペすれば問題ありません。後は、一度上記のように、リアルタイム解析のサマリーで実際にアクセスして試してみれば、設定がうまくいったかを確認できます。

まとめ

仮想ページビューは、本来であれば認識されないページを、Googleアナリティクスがチェックして、アクセス解析をしてくれる手法です。PDFファイルへのアクセスを確認したいといった時に使われることが多いです。リンク先URLの中にコードを埋め込むだけの簡単な設定ですので、試してみましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる