コラム

リーチはどう増やせばいい?Facebook広告の活用法

最終更新日:2023年11月29日

そもそもリーチってなに?

リーチは、Facebook広告に限らずWebマーケティングにおいて広く使われている指標の一つです。これは、広告を見た人の数を示しており、同じ人が複数回広告を見た場合でも、リーチのカウントは1となります。

リーチとよく似た指標の一つに、インプレッションがあります。これは、広告が表示された回数のことで、同一人物が同じ広告を3回見た場合にはリーチは1となりますが、広告が表示された数は3回なので、インプレッションは3とカウントします。

また、エンゲージメントという指標もリーチとよく似ています。エンゲージメントとは、広告を見てアクションを起こした人の数を表す指標で、いいね!をおしたり、広告をクリックしてサイトのページに流入したユーザーの数を表します。

Facebook広告においては、ユーザはログインした状態で広告を見るため、使用するデバイスがパソコンでもモバイルでも、リーチの数をカウントすることは難しくありません。

Facebookにおける広告の目的とは?

Facebook広告の目的は、商品やサービスなど、ブランドの認知度や知名度をアップさせることにあります。Facebookに広告を出稿する際には、広告の目的を複数の選択肢から選ぶことができます。その目的に合わせて、リーチを最大化できるように、Facebook広告自身が表示方法を最適化してくれるのが、Facebook広告の大きな魅力です。

例えば、トラフィックのアップを広告の目的とするなら、その目標を達成するために広告の掲載が最適化されます。コンバージョンを目的とした場合には、その目的を達成するべく、Facebook自身が掲載方法や頻度を最適化してくれるのです。

Facebook広告では、リーチしたユーザーの属性をデータとして分析することができます。どんなユーザーが多く広告を見ているのかが分かれば、商品やサービスのターゲットを把握できますし、広告の内容を見直すことも可能となります。分析できるユーザーの属性には、性別や年代、職業などさまざまなデータがあります。

定義している広告の目的の種類

Facebook広告の目的は、大きく2つに分類できます。1つ目はトラフィック目的で、2つ目はリーチ目的です。1つ目のトラフィック目的というのは、Facebook広告をトラフィックをあげるための入り口として活用するというもので、Webサイトやアプリへユーザーを誘導することを大きな目的としています。この場合、ユーザーすべてに広告を表示するのではなく、誘導した先でポテンシャルが最も高い層に対して広告を表示するという特徴があります。

2つ目のリーチ目的は、できるだけ多くの人に広告を見てもらうことで、必ずしもWebサイトへの誘導が目的というわけではありません。Facebook広告では、多くの人に商品やサービスの良さを知ってもらうことによって、口コミで知名度がさらにアップする効果も期待できます。リーチ目的の広告では、新規のサービスや商品の紹介など、特定ユーザー層に関わらずに表示されるという特徴があります。

リーチに成果が出ない場合の理由とは?

リーチに製菓が出ない場合には、いくつかの理由が考えられます。1つ目は、ページの説明文が具体的ではないというものです。Facebook広告でリーチをあげるためには、Fecebookページのトップに表示される説明文を、できるだけ分かりやすく詳細に、そして具体的に記入することが必要不可欠です。長く説明する必要はありませんが、簡潔に要点をまとめて魅力的な文章作成をすると良いでしょう。

2つ目の理由は、画像がイマイチであることが考えられます。Facebook広告に使用する画像は、できるだけ解像度が高いものを使ったほうがユーザーには鮮明に映ります。文字によるアピールも大切ですが、より視覚的にアピールできる画像を使うことで、多くのユーザーを獲得することにつながるでしょう。ユーザーが見て印象に残るような画像を選ぶことがポイントです。

3つ目の理由は、投稿数を調整です。少なすぎるとリーチ数はどうしても少なくなってしまいますが、多すぎるとユーザーに対して「しつこい」という印象を与えかねません。

4つ目の理由は、ユーザーの行動や属性を分析していない点が挙げられます。どんな層のユーザーが広告を見てくれているのか、そこからどのようなアクションをしているのかなど、ユーザーの行動をデータとして解析することで、Facebook広告の改善点が見えてくるでしょう。

リーチにコミットするために広告を使ってみよう!

Facebook広告を掲載する際には、リーチを最大化することを目的として出稿するのがおすすめです。出稿する際には、リーチの目的というメニューを選ぶことによって、Facebook広告自身が目的達成のために自動で最適化してくれます。

まとめ

Facebook広告には、リーチを最大化するための自動最適化機能がついています。広告を掲載する際に、目的でリーチを選択しましょう。それでも効果が出ない場合には、説明文や画像を見直したり、ユーザーの解析などの対策が必要です。

お見積もりは
今すぐこちらから!
WEBマーケティングを中心とした企画/開発/制作/管理を行っています。
お客様のビジネスに合わせた集客のご提案や問題解決方法をご提案。
一方的な商品の押し付けにならないよう、多方面からアプローチいたします。